うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

乳児用液体ミルクの解禁検討開始!育児の負担が大幅に軽減される可能性大(^^)なぜこれまで国内で販売されなかったのか?

スポンサーリンク

f:id:shigakushokuin:20161016113734p:plain

 

妻と2人でニュースを見てひと言。遅いわ!!笑

 

日本で販売がされている調乳作業が必要な粉ミルクは、育児において負担感を増加させる大きな要因でした。

 

そんな中、やーっと厚労省が重い腰をあげるようです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

なぜこれまで乳児用液体ミルクが普及してこなかったのでしょうか?

 

 

法整備が進んでなかったからってほんと?

 

子どもが産まれてから何となく調べた情報では、日本国内には乳児用液体ミルクを製造・販売するための法整備がなされていないからだという認識でした。

 

でもそれならば一部個人輸入で乳児用液体ミルクを使われている方はどうなん?って話ですよね。

 

29kei.com

 

こちらの記事にも書いてありますが、厚労省的には『いや、別に規程がないだけで禁止してへんし、やりたいなら販売元が必要なデータ出しや?』というスタンスのようです。また、この記事を補足すると、消費者庁的には『乳児用の特別用途食品で許可されてるのは粉ミルクだけやし無理ー』と言っているようです。

 

典型的なお役所仕事ですね 笑

一方の省庁ではやりたいならやればーと言いつつ、もう一方では許可されてないものは作っても売れへんしーて言うてるわけですからね。いや、協力しろよ!( ̄^ ̄)

 

まとめると、やはり国の基準を満たすことができない乳児用液体ミルクは国内で作っても売れない現状があったようです。輸入ものについては、その基準の適用外ということならば別に個人が輸入しても差し支えないのでしょう。

 

乳児用液体ミルクが国内で製造・販売されればこれだけ便利になる!

 

それでは液体ミルクが普及するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

常温で保管できるし衛生的で持ち運びに便利!

 

無菌状態でパッキングされるため、常温保管が可能です。しかもパックに乳首を付けて飲ませることができるため、かさばる哺乳瓶を持ち歩かなくてもよくなります。調乳時には外的要因で必ずしも衛生的とは言えないこともありますから、子どもにとってもメリット大です(^^)

 

調乳の手間がなくなり、育児における負担減!水がいらないので災害時にも!

 

昔に比べるとタブレット状になっていて量り取る段階のハードルは下がったとはいえ、外出先では温度調節に苦労したり、作る手間がかかったのにひとたび口を付ければ飲まなくても捨てるしかなくなったりでした。夜中の授乳では寝ぼけ眼で調乳することも多いですが、熱源を使わなくてよくなるだけでかなり負担減になりますね。枕元に置いておけば部屋を移動しなくてもよくなります。

その他、有事の際には水不足の可能性が高くそもそも粉ミルクは使い物にならないという問題もありました。それが解消できるのはかなり大きいでしょう。完全母乳のお母さんでも、災害時のストレスで母乳が出なくなることがありますし、バックアップがあると安心です。

 

お国の都合で整備されてこなかった乳児用液体ミルク解禁の道のり。世の中の育児をする親のためにも早く法整備がなされることを望みます。