うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

NHK音楽祭2016で演奏されたポケットモンスター赤・緑のゲームサウンドを主観たっぷりにオススメします!【11月6日22時50分はポケモンファン必見】

スポンサーリンク

f:id:shigakushokuin:20161102224404j:plain

情報が遅く、こんな楽しそうな音楽祭があったことすら知りませんでしたorzまぁ知ってても関西在住者には東京まで行くのがしんどいんですけどw

 

headlines.yahoo.co.jp

 

『シンフォニック・ゲーマーズ―僕らを駆り立てる冒険の調べ―』と銘打っており、ゲームス好きは心踊らされますよね。その中でもポケモンマスターを目指した身としてはポケモンのゲーム音楽について語りをいれない訳には参りません^^初代ポケットモンスター赤・緑ドストライク世代の私が、音楽に対する専門性0で魅力をお伝えします☆

 

 

~オープニング~

f:id:shigakushokuin:20161102224428j:plain 

ゲーム画面を立ち上げしばらくするとゲームフリークスの文字が浮かび上がり、そこに流星が流れてきます。その後2体のポケモンが現れると同時にオープニングのテーマが流れ始めます。

f:id:shigakushokuin:20161102224501j:plain

臨場感あふれるサウンドとバトルをするポケモンの映像が相まって、短時間ながらどんどんゲームに引き込まれます(^^)前段が終わりタイトルが表示されると同時に流れるサウンドは、これから「ポケットモンスターが住む世界を冒険するんだ!」という気持ちを高めてくれます。

 

マサラタウンのテーマ

f:id:shigakushokuin:20161102223740j:plain

旅立ちの町で主人公の故郷の『マサラタウン』は何ものにも染まっていない「まっさら」という言葉が基になっていたはず。その名前のとおり、優しく透明感のある少し郷愁に駆られるメロディで構成されています。一階にあるテレビを選択した後に、『…僕ももう行かなきゃ!』と表示されますが、旅立つわくわく感をほんのり包んで故郷に思いを馳せさせるようなサウンドであり、素晴らしいです。

 

 

トキワへの道―マサラより

 f:id:shigakushokuin:20161102224004j:plain

マサラタウンの隣町であるトキワシティへ続く道路に足を踏み入れた瞬間に流れるサウンド。初めてのパートナーポケモンを携えてはやる気持ちをあらわすように、かろやかな音運びが印象的です。ドキドキの初冒険を後押ししてくれる、そんなメロディになっています。

 

サイクリング

f:id:shigakushokuin:20161102224911j:plain 

自転車屋で法外な値段を吹っかけられて意気消沈したのはいい思い出ですね 笑

まさか次の町で自慢話を聞くだけで自転車引換券をもらえるとはつゆも思いませんでした(´∀`)いそいそと引き換えて乗ってみると、風を切る情景が思い浮かぶような軽快な音楽が流れてきます。まどろっこしい移動が楽しみに変わる瞬間です。ディグダの穴の音楽を自転車で上書きして爆走するのは、自転車を手に入れたプレーヤーが真っ先にやることでしょう^^

 

 

ロケット団アジト

 f:id:shigakushokuin:20161102224715j:plain

仲間であるポケモンを悪事に利用する悪の組織であるロケット団を壊滅させるべく、カジノコーナーの地下に造られたアジトに乗り込むと聞こえてきます。こちらの緊張感を煽り、間近に迫るロケット団首領サカキとの対決を想起させるようなメロディです。幾重にも張り巡らされたトラップを抜けていく必要のあるダンジョンで疲弊する頭に焦燥感をさらに与えるような音が襲ってきます。

 

最後の道

f:id:shigakushokuin:20161102223315p:plain 

ジムバッヂを8つ集めて初めて足を踏み入れることができるチャンピオンロード。ここに至るまでにいっぱいポケモン捕まえて、いっぱいバトルして…いよいよ四天王にチャレンジしに行くぞ!と意気込んでいたのが思い出されます(о´∀`о)

 そこで流れるこのテーマですが、〜オープニング〜と共通のメロディライン?があるんですよね。ゲームを始めた時に聞いたメロディが違う形にアレンジされ、強敵ぞろいの迷宮チャンピオンロードに挑む気持ちをアゲでくれます。懐かしい

 

ラストバトル(VSバトル)

f:id:shigakushokuin:20161102222940p:plain 

言わずと知れた最終戦。力を出し切った自分の前に現れるのは、先に四天王を倒したライバル!!とベタな流れですが、初めてプレイした時はこの流れに感動しましたね〜(^ω^)

バトル開始前にライバルが投げつける、『…分かった!教えてやる!この俺様が!世界で一番!強いってことなんだよ!』という言葉には幼いながら鳥肌が立ちました。最後のバトルという最大の緊張感を曲の入りからグッと高めてくれて、終始疾走感のあるメロディが流れます。ライバルの手持ちポケモンや技構成についてはツッコミどころ満載ですが、戦闘曲に乗せられながらライバルに絶対勝つ!と息巻いてプレイした記憶が今でも蘇ります♪

 

まとめ

 
初代ポケモンをプレイしたことのある方はうんうんと納得していただける内容だったかなと思います。ただポケモンをプレイしたことない方にも音楽を聴いていただければ納得の内容に仕上がっているかなとは思います^^
 
オーケストラでの演奏、さぞ垂涎ものだったろうなと思います。NHK BSプレミアムに加入してない私は残念ながら観れませんが、ポケモン(やその他のゲーム)ファンなら一見一聴の価値ありです。皆さん11月6日の22時50分をお忘れなく!