うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

公立幼稚園か私立幼稚園で悩んでいるあなたはナンセンス!費用対効果を考えれば私立幼稚園一択でしょう?

スポンサーリンク

f:id:shigakushokuin:20161002235728p:plain

はんなり県こと京都府に在住(バラすの早い)の私の息子は今年で3歳ですので、昨日幼稚園に願書を提出してまいりました^^

 

30歳になった今でも幼稚園での記憶があるのに、自分の息子が幼稚園に通う年齢になったかと思うと不思議な感じです 笑

 

そんな私は結婚する前から子どもは私立の幼稚園に通わせると心に決めていました。

 

その理由は1つ、公立に通わせるべきメリットが私立に通わせるメリットを全く上回らないからです。

 

 

 

目次

そもそも私立と公立の違いは?

大前提として、『幼稚園』というのは設置根拠が学校教育法にある『教育機関』になります。この記事では説明は割愛しますが、児童福祉法を根拠とする『保育園(児童福祉施設)』とは性質が異なりますので、頭の片隅に置いておいてください^^
 

私立とは

 設置母体が学校法人や宗教関係(キリスト教や仏教)だったりします。先生は公務員ではなく、民間企業のサラリーマンと一緒です。母体に沿った教育理念があるため、公立と比較して特徴が見えやすいです。

公立とは

設置母体は自治体です。したがって先生は公務員になります。また指導要領にしたがった教育がなされますので、公立というくくりで見た場合は、どの園に通っても違いがすくないはずです。

私立幼稚園と公立幼稚園ではどのような点が異なる?

先生の立場

先ほども書いたとおり、運営母体が違うのでサラリーマン(私立)か公務員(公立)かの違いです。勤続年数は公立の方が長い傾向にあります。

保育料

京都市内で色々見てみたところ、概ね私立が月額30,000円、公立が15,000円前後です。倍額ちゃいますね^^;これについては後述しまーす。

保育年数、保育時間(延長保育の有無)

公立では2年保育、私立では3年保育が主です。私立に至ってはプレスクールと言って、2歳児保育もあります。うちの姪っ子ちゃんは通っている園の2歳児保育に通っていました。
 
保育時間は公私ともに5時間程度ですが、公立の大半には延長保育がなく、私立の大半には延長保育があります。

給食、通園バス

これも一概に言えるわけではないですが、一般的に公立は給食・通園バスともになし、私立は給食・通園バスともにありです。

行事

ここまでの流れでお察しかと思いますが、公立と比較して私立の方が行事の回数は多い傾向にあります。
 

公私の違いについてのまとめ 

私立幼稚園のメリット・デメリット

メリット:法人ごとに特徴の違いはあれど、延長保育や回数の多い行事を含めて充実した教育が期待できる。また給食や通園バスもあるため母親の負担が軽減されやすい。

 

デメリット:保育料が高い。先生の入れ替わりが多い。

公立幼稚園のメリット・デメリット

メリット:保育料が抑えられる。ベテランの先生が多いため、安心感がある。

 

デメリット:指導要領に沿った教育以上は期待できず、習い事をさせるのであれば私立と同等の費用がかかりうる。

 

私立幼稚園の保育料は補助金でカバーできる!

私立幼稚園就園奨励費補助金とは

私立幼稚園のデメリットの1つ、というかほぼ唯一のデメリットである保育料の高さは、補助金でカバーできます。
 
年収640万の私の場合、京都市の補助として年間7万円弱補助が出ます。月にしたら5,700円ほどです。
 
私の年収で公立に通うとすると15,900円かかるわけですが、補助金が出た後の私立の保育料は24,000円程度まで減じられることになります。つまりひと月の差額が8,000円になるわけですが、給食費や習い事の月謝が含まれていると考えると、公立と実質の差がないことがお分かりいただけますよね^^

それでもあなたは公立を選びますか?

公立が悪いわけではなく、私立の費用対効果が高いのです

同じようなことを書いてあるまとめサイトには、『公私のどちらも一長一短ですから、お子さんの特性に合わせて選んでね^^』なんて中庸なことが書いてありほんとにがっかりします。まぁ色んなしがらみがあってそうしか書きようないんでしょうけど。

 

私としては、延長保育の充実費用が上乗せされているところを考えていると、公立幼稚園に通い習い事させるよりは、オールインワンの私立幼稚園に通わせる方が手間が少なく効率的と考えます。それに行事の回数が多く色んなモノコトに触れられるのはこの時期の子供に重要なところでしょう。あっあと先生も若くてピチピチな方が多いのは私立です←

 

奥さん視点でいうと、直接送り迎えしなくて済む点や弁当を毎日は作らなくていい点はかなりウエイトが大きいんちゃいますか?うちの妻は『時間はお金で買うもの』と言ってはばからないので 笑

 

公立を否定はしません。でも事実、うちの親も1番下の妹を公立幼稚園にしか通わせられなかったことは後悔していたみたいです(主に教育内容などについて)。

 

就園奨励費補助金がある今こそ、私立幼稚園をチョイスすべきです。目先の保育料以上で判断を誤ると、後悔しますよー。