うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

【修士】研究者を目指す学生たちは研究室のブラックな環境に慣れておくべき【博士】

スポンサーリンク

f:id:shigakushokuin:20161020224303p:plain

前職の化学メーカーは業界の中でも屈指の優しさを誇る会社だと思いますが、それもこれも学生時代にある程度ブラックに近い(他の同期に比べたら大したことなかったですがw)環境に身を置いていたからだとは思います。

 

もちろんアカハラなんて言葉もあるくらいですし、それで身体を壊すようなことになれば本末転倒。でもまぁお金を貰わない学生だからこそ、『教育』という理不尽な環境を受容しやすいのではないでしょうか。それでは学生時代にブラックな環境に浸ることで得られるメリットについて、実体験を交えてお伝えして行きます(^^)

 

 

 研究室に所属した途端待ち受ける、『長時間拘束』!

 

メリットのお話にはいる前に、どの様な点がブラックなのかお話していきますね。研究室生活がブラックたる一番の要因は、何を差し置いても拘束時間の長さです^^;

 

なにはともあれ、月から金は最低9時-22時拘束

 

それまで実験のある日でも18時過ぎには帰宅できていた楽勝な日々。それが一転、お帰りは午前様手前が当たり前になります(^ω^)研究室見学なるものが3回生時にあるため、先輩方から話はふんわり聴いているし覚悟はしているんですよ?ただ、ほんとに研究室に入って1週間もしないうちから半強制的にその環境に慣れさせられます 笑

だって先輩たちが帰らないんですよ?そりゃ帰れるわけないですやん…

 

長時間拘束の温床ー実験回数は重ねたもの勝ちという思想ー

 

これは特に有機化学者にはありがちな思想ではないでしょうか。残念ながら、私自身も否定はできません。新しいことを見出すために研究を行う以上は、試行回数を稼ぐことが結果を出すことが早道です。しかも時には五里霧中の中を、ただ数をこなすために動き続けます。゚(゚´Д`゚)゚。

博士後期課程の先輩方はえげつない実験回数をこなします。実験ナンバーが2000とか3000とかじゃなかったでしょうか…

反応実験自体は複数個パラレルで行うことができますが、反応を行うまでに文献調査、原料合成、反応後の後処理、機器分析などが必要であり、反応回数が多ければ多いほど付随する活動も多くなります。芋づる式というのか、とにかくやればやるほどやらないといけないことが増えていくので、どんどん帰りが遅くなります( ;∀;)

 

なくなる長期休み!モラトリアムの日々はどこへやら?

 

日々の長時間拘束も辛かったですが、今まで1年の半分近くあった休みが一気に社会人並みに減ったことが辛かったです。

長期休みは盆暮れ正月+学会に出なくてよければ春休みが数日?そういえば土曜日も拘束されていたので、年間休日数100日ないんちゃうか?

 

研究室でのソルジャー生活が、社会人生活の導入を楽にするメリットへと変わる!

 

ここまで辛い思いして勉強や研究する意味あるの?と思う人は多いはず。でも長時間拘束の憂き目は、サラリーマン生活への導入をスムースにしてくれるメリットとなります(`・ω・´)

 

定時に上がっても給料がもらえる!

 

サラリーマンやし当たり前やないか!と言われるかもしれませんが、とても嬉しかったです。学生時代は(日本学生支援機構から借金してまで)お金払って苦しい思いして研究していたのに、サラリーマンになれば同じ研究をしていてもお金がもらえます。22時に帰ることなんか年に数回もありません。そうだとしても対価がきちんと支払われます。まやかしの喜びですが、社会人になってすぐに学生時代に戻りたいとは思わなくて済みます( ´ ▽ ` )

 

効率の良さと結果のバランスが重要!居残るだけが能じゃない!

 

私が優しい会社でも、やはり実験をこなせた方が上司の覚えがいい場合もありました。それでも人件費をかけて利益を追求している以上、費用対効果のよい動きの方がより好まれます。学生時代にしこたま実験をこなす中でより早く帰ることを念頭に置く様になっているはずので、企業にとって都合のいい働き方を自然とできると思います 笑

 

長期休みなんかなくても平気。俺らには有給休暇がある!

 

いつでも気ままに休みを取れる権利。これを超える幸せはないのではないでしょうか。学生時代はあれだけ頑張っても論文の一報も出さなかったのに、サラリーマンは企業全体で利益が保たれれば権利を守ってくれます。

 

まやかしのメリットと言われようとも…

 

サラリーマンも数年すれば結果を求められストレスの度合いが増えてくることでしょう。しかしサラリーマンになってすぐの一番辛いであろう導入期間をスムースに乗り越えられるのは、研究室生活を乗り越えた学生ならではだと思います。出足で躓かないかというのは大きなメリットだと今でも考えます。

今は研究室生活に苦しんでいる学生諸君、とりあえずあと数年は歯を食いしばって頑張れ!社会人になると基本的には今より楽になるから!

 

ただし労基法を無視する会社にはいかないように。

 

www.hannari-ikuji.com

  

契約結婚するなら社労士か弁護士に相談しましょうね(^^)

 

www.hannari-ikuji.com