うちのパパは毎日ノー残業Day

子どもと一緒にはんなり育つ記録。お金に強くなるために、自身の情報を赤裸々に記事にするで^^

奨学金返済を抱える年収650万家庭の2018年1月度家計予算公開!

スポンサーリンク

アイキャッチ

学校法人職員であることのメリットの一つに、毎月の給与の変動が残業代以外にほぼないというものがあります。構成要素が基本給、家族手当、住宅手当のみです^^

しかもまぁ、残業しても残業代がほぼ支給されないこともあるので、考慮に入れる必要がなかったりしますしおすし(棒)

収入の部

摘要 予算 備考
1月の給与(手取り) 287,988 残業代込みの想定
1月分の通勤交通費 15,000  
収入計(A) 302,988  

前振りであんなこと言いましたが、たまたま今月分の給与には残業代が少し乗っかってくるはずなので、通勤交通費込みでぎりぎり手取りが30万超える予定です。

支出の部

 次は支出に関する表です。

摘要 予算 備考
家賃(共益費・バイク駐輪代込み) 90,440 奇数月は水道代支払いなし
奨学金 45,322  
携帯代 4,000 楽天モバイルの事務手数料
保険代(生命保険・二輪任意保険) 15,578  
ガス代・電気代 20,000 ガス:7,000円、電気:13,000円
幼稚園月謝 35,000  
タイムズ会費 1,500  
交通費 5,000 主としてPitapa代金
妻に渡す生活費 63,000 食費:43,000円(外食費込)、生活雑費:20,000円
ネット代 4,428  
仮想通貨への積み立て 4,000  
夫小遣い 15,000 昼食代込
支出計(B) 303,268  

費目ごとのポイント

収入に関する費目ごとのポイントです。 

家賃

築30年超ですが、立地がよいためお値段お高め。相場としては妥当ですが、奨学金も返しているのでなかなかダメージがでかい…ただ妻が免許を持っていないため交通の便がよいところに住む必要があるのです。

奨学金

1000万の奨学金を借りて20年返し続けるとこの値段が必要です。

携帯代

2017年1月に携帯をソフトバンクから楽天モバイル に変更しました!1か月無料キャンペーンや2回線目3か月無料キャンペーンがあるので、1月は事務手数料のみの支払いです。家にインターネット回線が引いてあり無線環境を構築しており、かつ電話連絡を取るのが両親や仲の良い友達、iPhoneを所持している知り合いが中心である場合は、確実に乗り換えがお得です。

保険代

同年代の中でも控えめで必要最小限にとどめているかなと思っています。自身の生命保険はプルデンシャル生命で、50過ぎで払いこみが完了します。その際に掛け金+αが満期金として手元に残るので、貯金替わりです。

妻の保険も生命保険と医療保険を少々です。二輪の任意保険は当然に対人対物無制限で、自転車の保険もカバーするために個人賠償責任保険特約付き。世の中おそろしい人種も多いので、弁護士特約もつけてます。

ガス・電気代

年間トータルすると平均月2万くらいなので、月によって割り当てを変えません。予算を超過した部分は賞与予算でコントロールします。

幼稚園月謝

通学バス代込みの保育料です。私立だからですが結構高いです。家計を見れば無理して私立にいれなくても言われそうですが、自分が私立幼稚園に通っていて楽しかった記憶があるので、私立にしました^^

私立幼稚園に通うにあたっては京都府と京都市から補助金がでますが、こちらは賞与と合わせて年間の収入として受け入れます。

タイムズカーシェア会費

毎月1,060円の基本料金相当額は利用の有無に関わらず差し引かれますが、ほぼいつでも乗れて年間最低維持費が12,000円なのは助かります。

交通費

妻が利用するPitapaでの市バス・阪急代金や私のバイクでの通勤によるガソリン代です。この3年を振り返ると平均でもう少し使ってはいますが、予算設定上はこの値段としています。ガソリン代は月に1.2回で1,000円くらいです。

妻に渡す生活費

ここは私の主義ですが、生活費(食費・生活雑費)の管理は渡したお金の範囲内でやってもらえたら十分だと思っているので、特にレシート管理をするつもりがありません。お金を渡すときに週分けにしてお金を渡しています。封筒で管理するとわかりやすいですしね^^

ネット代

うちは妻が専業主婦なので自宅のネット環境はマストです。ただしそんなに安くないのが悩みの種です。有線環境があるのはとてもよいので、WiMAXには簡単には乗り換えられない(;^ω^)

仮想通貨への積み立て

ドルコスト平均法として、コインチェックで毎月4銘柄を1000円ずつ買うことにしました!年始にかけては爆上げした仮想通貨たちですが、今は含み益も控えめ。今後に期待です♪

夫小遣い

予算を圧縮するために、世間の平均よりは少ないです。しかも昼飯込みときたもんだ。ただ今年からは昼飯代金を少しでも減らせるように、お米を持っていくことにしています!

支出の部まとめ

収入と同様にほとんど毎月固定された支出となっています。家計の改善には固定費の削減が一番効果的ですが、あと削りしろがあるとしたらインターネット代金かなぁ。

もともとの想定赤字額から大きく乖離しないことを目標に!

昨年は自身の小遣いや妻の生活費の補填で大きく赤字(=使途不明金使途不明)を作ることになりましたので、今年からは最低それはなくしたい!と思って気合を入れております。今年は毎月報告していくんで、乞うご期待です!

 

すでに着手した固定費削減に関する記事はこちら
www.hannari-ikuji.com

2018年の年間収支予定はこちら
www.hannari-ikuji.com