うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

食事が趣味なパパがお薦めするグルメ漫画4選

スポンサーリンク

f:id:shigakushokuin:20161029172529p:plain

うちは専業主婦家庭なので、1年のうち9割以上は嫁さんにご飯作ってもうてます(^^)本人は謙遜して、レシピサイト見ながらやしそりゃ作れるよーと言うてはりますけど、毎日作るのはなかなかハードル高いですよね。

 

そんな中、レシピサイトとは違った視点でインスピレーションを与えてくれるのがグルメ漫画!昔はクッキングパパか美味しんぼくらいでしたが、今はたくさんありますよね。ご飯を食べることが生きがいの私が、グルメ漫画を4つご紹介します♪

 

 

花のズボラ飯

 

久住昌之という、気の良さそうなおっさんが原作の漫画です。Eleganceイブ(秋田書店)というあまり聞き慣れない雑誌に連載されています。

 

とてもズボラな性格の主婦、花がいかに楽に美味しいご飯を食べるかを追及するコメディグルメ漫画になってます。自分で作ったご飯(もちろんそれ以外もある)を食べた時に口からヨダレを垂らしながら妖艶な表情を浮かべるのが印象的(´∀`)

でも読んでいるとゴロさんという旦那さんが1度も姿を見せないので実際にそんざいしているのか!?疑惑があったり、花ちゃん自身は病気か何かで子供を望めなさそうだったりと、重たいテーマが見え隠れするのも、読みたくさせる一因になってます。

 

絵を描いているのは水沢悦子という人みたいなんですが、この人の描く絵が、健全でない漫画のタッチにそっくりなんです 笑

そう思って見るから、花ちゃんの妖艶な表情にも納得がいくんですが、調べてみると本人は花のズボラ飯が処女作だって言うてはるみたい。まっどっちでもいいですけどね。

 

この漫画は倉科カナちゃん主演でドラマ化されてます♪鳴かず飛ばず感がある女優さんですけど、イメージにはぴったりでした!

 

どの料理も家で簡単に再現できるのでいくつか嫁さんにも作ってもらった記憶はあるのですが、飛び抜けて美味かったのが明太子豆腐丼!ご飯の上に、ぐちゃぐちゃにした豆腐と明太子を贅沢に一腹ぶっかけて、ネギと鰹節を添えるだけ☆簡単で激ウマなのでお試しあれ〜

 

ワカコ酒

 

新久千映さんが描かれている漫画で、これまたあまり聞き慣れない月刊コミックゼノン(徳間書店)に連載されています。

 

花のズボラ飯でグルメ漫画が好きになった嫁さんが買ってきてくれて知りました。花のズボラ飯とは違い、酒好きの主人公ワカコちゃんがひたすら酒に合うご飯を色んな店で食べまくる内容になってます。子供ができて以来、実家が遠い我が家では居酒屋など全く行かないため、この漫画で溜飲を下げているといっても過言はありません…!!

正直絵はそんなに上手な感じではないですが、お酒を飲んで『ぷしゅー』と言っているワカコちゃんの幸せそうな顔にはいたく共感できます( ^∀^)

 

この漫画も花のズボラ飯同様にドラマ化されており、頭突き瓦割りで一躍有名になった武田梨奈ちゃんが主演してました。エラがちで顔はあっさり可愛い感じですが、ぷしゅーの口元が可愛いので男性必見です 笑

 

家でも真似したいなーと思いつつ、居酒屋ならではというような料理が多いため、再現はできてませんorz

 

孤独のグルメ

 

原作は花のズボラ飯と同じ久住昌之さんです。月刊誌パンジャ(扶桑社)に1990年代に掲載されていた模様。

 

どんな漫画?と言われると、これは漫画ではなくドラマでしか知らないので何とも答えられません 笑

一人親方で雑貨輸入業を営むおっさん井之頭五郎がその時の気分で食べたいものを淡々と食べていく内容になってます。ドラマを見てても、えっその外見の店に行くの!?という店をチョイスしています。

 

主演の松重豊さんは、あんな強面&でかい身なりに関わらず少食だとインタビューで語っていて、孤独のグルメの撮影の際は前日から食を絞って気合い入れて臨んでいるらしいです♪(´ε` )

 

関西在住の我が家では行きたくても同じ店にはなかなか行けませんが、テレビドラマで安曇野?のワサビ丼はあまりにも美味しそうだったので再現しました。チューブワサビでも十分満足できる味でしたね☆

 

そういえば、花のズボラ飯の花ちゃんの旦那さんの名前がゴロさんなのは、孤独のグルメとつながりを示唆しているのか…!?いや、ないかw

 

きのう何食べた?

 

よしながふみさん作の漫画でモーニング(講談社)で連載しています。


シロさん(イケメン弁護士)とケンジ(ちゃらちゃら美容師)のゲイカップルが主人公のグルメ漫画。料理を作るのはもっぱらシロさんですが、家庭的な料理から外食でしか食べへんやろそんな料理!いうものまで何でも作りこなすので、見ていて楽しいです。しかも材料や手順をかなり細かく書いてくれているので、かなり再現性高くおうちでも真似できます(о´∀`о)


グルメ漫画ではありますが、花のズボラ飯同様、同性愛者であること、それゆえに自身の子供を持てないこと、親の介護などなど裏テーマがあり、その適度な重たさが漫画としてはいい味付けになっています。


この漫画を読んで初めていちごジャムを手作りしましたが、バカうまでした。最後にお菓子作りをしたのは、それが最後ですね…

 

まとめ

 

どれもこれも見てるとお腹が空きます。店に足を運びたくなります。真似したくなります。絵のタッチの好き嫌いはあるとは思いますが、どれをとっても個性的で一読の価値ありです(´∀`)