うちのパパは毎日ノー残業Day

子どもと一緒にはんなり育つ記録。お金に強くなるために、自身の情報を赤裸々に記事していきます!

ガッテン特集唾液の力で免疫アップ!口臭ドライマウスを防ぐ方法とは?

スポンサーリンク

唾液にはいろいろな働きがあって、消化の助けになるのはもちろん、口腔内の殺菌作用があることはよく知られています。

 

したがって、唾液の分泌する力が衰えるとお口の中の調子が悪くなり、口の乾きが長期にわたり続くドライマウスの症状が出てしまいます。

 

この『ドライマウス』の症状が出てしまうとどうなるのでしょうか?ドライマウスが引き起こす体の不調とその対策を調べました!

 

ドライマウスの症状と弊害

ドライマウスは文字通り、『唾液の量が減って口やのどが乾燥した状態』のことを指します。専門用語として口腔乾燥症という呼び名があるそうです。

おもな症状としては

 

  • 口やのどの継続的な乾き、夜中に乾きで目覚める
  • 口中のねばつき
  • 乾燥したものが飲み込みづらい
  • 口臭

 

といったものが挙げられます。該当した人は要チェックですね。

ドライマウスの症状が出ることで、口腔内の自浄殺菌機能が低下しますので、虫歯、歯周病にかかりやすくなるようです。歯周病は生活習慣病の一因と言われていますので、ドライマウスを放置するのはよくないということになります。

ではどのような原因でドライマウスとなってしまうのでしょうか?

 

ドライマウスを引き起こす原因は加齢だった!?

ドライマウスを引き起こす要因はあり、現代においても何が原因なのかは一概に分かっていないようです。

原因として

 

  • 口呼吸
  • 服薬中の薬の副作用
  • ストレス
  • 食生活

 

などがよく挙げられるようです。

人間は鼻呼吸をして、鼻毛等のフィルターを通して口腔内の湿度を適当に保つようにできているので、口呼吸がある人は要注意ですね。

 

それ以外に着目すべき理由は加齢のようです。

加齢のため唾液腺の唾液生成能力が低下するため、唾液の分泌量が減るようです。お年寄りの口臭が気になることが多いのは、ドライマウスが原因の可能性が高そうですね。

お孫さんに「じいじ(ばあば)お口くちゃい…」なんて言われたら立ち直れなくりますよね、ドライマウスを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか??

口臭ケアでドライマウスを撃退!

ドライマウス=お口の乾燥というのはこれまでのお話でお判りいただけたかと思います。つまりドライマウスを防ぐには口腔内を常に湿潤環境にしておくことが必要なのです!

 

基本的な対策はマウスウォッシュで定期的に口をゆすぐ、就寝時に口呼吸を防止するテープを利用するといったところでしょうか。

 

洗口液(マウスウォッシュ)を使う

洗口液には保湿剤が含有されているので、お口がすっきりするとともに、口腔内の湿度を保持してくれます。

 

口呼吸防止テープを使う

物理的に乾燥することを防ごうという真っ向勝負です(笑)小林製薬が発売しているナイトミンがそれにあたりますね。

 

 

普段から民間療法ではありますが、普段から緑茶を定期的に飲むことで、カテキンの殺菌作用も相まって口臭予防になることもあるそうですよ。

もちろん、ガムを噛んで唾液の分泌を促すのも効果的ですね!

まとめ

意外と身近に潜むドライマウスの危険ですが、みなさんはいかがだったでしょうか?もし該当されるようしたら、上記の対策法を実施してみてくださいね!