うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

【中耳炎知らず】2年以上使い倒したスマイルキュートKS-500をレビューするよ!【電動鼻水吸引器の決定版】

スポンサーリンク

季節の変わり目がやってきました。そう、愛する子供たちが風邪をひく憎っくきタイミングです。お子さんの鼻水を手動鼻水吸引器で吸ってあげて、風邪をひいたことのある親御さんも多いんじゃないでしょうか?(´∀`)

 

そこで大活躍するのが電動鼻水吸引器です!手軽に短時間で衛生的に吸引を済ませることが出来るので、鼻をかめない年齢(0歳児〜4歳児)のお子さんをお持ちの方は購入必至ですよ(^^)うちもこれを購入してどんだけ子どもが風邪の時が楽になったか…電動鼻水吸引器の決定版とも言えるスマイルキュートを2年以上使い倒したので、その魅力などをお伝えします♪

 

 

 

購入に至った経緯

 

うちでスマイルキュートを購入したきっかけ。それは息子が初めて風邪を引いて、鼻がずっびずびになり、それを吸うために1週間くらい毎日夜中何度も起きてグロッキーになった&風邪をもらったからでした^^;ちなみに使っている手動鼻水吸引器はこれ(下の写真)。

 

f:id:shigakushokuin:20161026001334j:plain

 

そりゃこんなツーツーの手動鼻水吸引器やったら、ウイルスごと吸い込みますよね 笑

 

嫁さんに絶対買うべきと言われたけど、最初は値段の高さから悩んでいました。でもまぁ、子育てにかかる費用はけちってもしゃあないし、ということで安く販売していた楽天で購入してみました。

 

 

 

 

スマイルキュート KS-500の全貌紹介

 

細かく写真載せているブログって、案外ないもんですね。

 

ポンプ本体

f:id:shigakushokuin:20161025235444j:plain

 

高さはティッシュ箱の長辺より低いくらい。重さは1.5キロほど。家の中での持ち運びに支障はないですが、さすがに帰省などには気軽に持っていけません 笑

 

ノズル・吸引キット

f:id:shigakushokuin:20161025235901j:plain

 

吸引キットに、デフォルトで3種類のノズルが付属しています。吸引キットの蓋を含めてシリコン製です。吸引中に吸引キットの蓋をグッと抑えることで負圧を高めることができます!

 

吸引瓶と接続部位

 

真空度に直結する大切な部分ですね!

 

ポンプと吸引瓶の接続部

f:id:shigakushokuin:20161026000908j:plain

ポンプ側がゴムになってます。

 

吸引瓶とホースを繋ぐアジャスタ

f:id:shigakushokuin:20161026001007j:plain

アジャスターに二重でパッキンが付いてます。

 

アジャスターとホースの接続部

f:id:shigakushokuin:20161026001032j:plain

接続部がシリコン製で、オス側がテーパー状になってます。

 

なお、吸引瓶(トラップ)の容量は500ml程度ありますが、そこまで鼻水を溜めることはありません(`・ω・´)

 

吸引器一式

f:id:shigakushokuin:20161026001622j:plain

 

こんな感じです。これに電源コードをつなげて使用します。

 

スマイルキュートの3つのメリット^^

 

同業他社製品と比べると、使用感を向上させるメリットが3つもあります。

 

圧力計付なので年齢に合わせてコントローラブル!

 

負圧の可視化は1番のメリットでしょう。粘膜の弱いちびっ子の状態に合わせて吸引することができます。圧力はツマミを回すことで簡単に調整可能です。

 

3種類のノズルで状況に応じて鼻水撃退!

 

一番使い勝手のいい中太のノズルだけではなく、流速を高められるオリーブ型のノズル、鼻腔奥の粘っこい鼻水まで吸い切れる細長ノズルまで付属しています。大抵の鼻水問題はこれで解決です。

 

ところで覚えてますか?流速と管径の関係。管径の2乗に反比例して流体の速度が速くなりますね(^^)出ている鼻水の粘度や量を想定して、ノズルをチョイスしましょう☆

 

ノズル・吸引キットの清掃のみで十分衛生的に使用可能! 

 

吸引キットが付いているおかげで、鼻水の量がめっちゃ多くない限りホースより先に鼻水が吸い込まれることがありません。したがって吸引キットとノズルを都度清潔にしておくだけで、衛生的に使い続けることができます♪

 

唯一デメリットはシール性能の低さ

 

構造がシンプルゆえに、吸引瓶から先を綺麗に洗って組み直した後に、『あれ、全然吸わへんやん…』てな事態によく見舞われます 笑

 

その際の大きな原因は吸引キットの蓋の締まりの悪さ、吸引瓶の蓋のパッキンがよれているといったところでしょうか。負圧を保つ為にはここら辺きっちり締めるのがミソなので要注意。

 

ほんとに楽になった鼻水撃退ライフ♪

 

導入初期はあれだけ怯えていた長男も、3歳手前になった今は鼻が苦しいと『お鼻しゅってくーねー』と自ら吸いにいくまでになりました。かなりスッキリするので、気持ちよくてくせになるみたいです(^^)

 

次男坊はこの1週間で初めて風邪をひきましたので、ガンガン吸ったってます。めっちゃ嫌がりますが、いずれ長男と同じように達観する日が来るでしょう(^ω^)

16,000円ほどの買い物ですので、ブルジョワジーでもなければなかなか決断のいる買い物ではあります。しかし鼻水をこまめに吸うことで中耳炎を予防することができますし、風邪の際に子どものケアがグンとラクになりますよ!

 

可愛い子どものためにも、殿!ご決断を!!(古いw)

 



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー