うちのパパは毎日ノー残業Day

うちの子どもがはんなり育つ記録。子育てに役立つ情報や趣味を中心に。お金のことも赤裸々に記事にするで^^

労働基準法無視の従弟制度を自信満々に正当化する秋山木工は淘汰されるべき

スポンサーリンク

f:id:shigakushokuin:20161010200728p:plain

今回yahoo!ニュースでとんでもない記事が上がってましたね。

zasshi.news.yahoo.co.jp

こういう頭のおかしい企業の労基法違反を『日本古来の職人技の伝承には必要なこと』で片付けようとする輩がいることが信じられません。ここの社長の頭オカシイんじゃない? コメントやTwitter見てると、『嫌なら入らなければいい』だの『こういう会社に入る物好きのおかげで伝統が守られる』だの書いてありますが、そんな戯言は筋違い極まりない。 記事にされている部分だけでも十分に労働基準法を犯していると考えられる部分がたくさんあります。

 

そもそも労働者かどうか?

これが記事からは読み取り辛いんですよね。

 

秋山木工では、1年間の「丁稚見習いコース」を終えると丁稚として正式採用される。入社した丁稚を待つのは過酷な修業の日々だ。

 

としか書いてないので。でも秋山木工でGoogle先生に尋ねると、こんな記事も出て来ました。

 

ishibon.com

 

この記事の中に

 

〜。研修期間中は薄給だが、〜。

 

との記述がある。労働者の定義は賃金を支払われるものであるため、少なくとも『丁稚』が労働者であることは確定ですね。

 

労基法32条(労働時間)違反の可能性

記事の記述内容を確認してみましょう。

 

秋山木工では、1朝5時に起床して朝食を作り、近所を1.5km走る。好き嫌い厳禁の朝食後は工場や近所を掃除し、8時の朝礼で冒頭の「職人心得30箇条」を全員で唱和して仕事が始まる。

 丁稚の主な業務は荷物運びや工場の掃除だ。職人の手助けをしながら、仕事の段取りや技術を目で学ぶ。仕事が終わると夕食を作り、夕食後はレポート作成や自主練習に励み、23時にようやく就寝。

 

文字だけ見ると8時の朝礼から始業のように思えますが、朝食後に工場や近所の掃除を行なっていますね。労働時間は就業規則に書いてある時間がそのまま適用されるわけではなく、あくまでも実態に則して客観的に判断されるものです。したがって、5時起床とランニング、朝食を除いても遅くとも7時頃から労働時間が開始していると解釈できるでしょう。

 

次に終業時間。仕事が終わると夕食を作りレポート作成や自主練習に励むとあります。百歩譲って自主練習は、ほんとに自主練習としましょう。しかしながらここでいう『レポート作成』は使用者の指揮命令下にあるものと解されるでしょう。レポートは誰かに提出することが前提のもので、丁稚の立場を考えれば提出先は付いている職人か社長になるでしょう。すなわち夕食時間と自主練習をのぞけばレポート作成時間は労働時間と見なされます。夕食にかかる時間、自主練習にかける時間、就寝時間から判断して、甘くみても1時間程度はレポート作成に要するでしょう。したがってそれが終了する時間は19時から20時の間と推測されます。

 

昼と夜の休憩を考えてもゆうに10時間は労働させていることになりますね。

 

労基法35条(休日)違反の可能性

これは論じるのもアホらしい 笑

 

休日はなく、修業から解放されるのは盆と正月の10日間のみだ。

 

もうね、バカじゃないの?

 

労基法69条(従弟の弊害排除)違反の可能性

そもそもこの条項に違反してますね。第1項に

 

使用者は、徒弟、見習、養成工その他名称の如何を問わず、技能の習得を目的とする者であることを理由として、労働者を酷使してはならない。

 

と記載あり。記事に記載の内容だけでも十二分にこれに該当します。

 

時代錯誤の懐古主義は滅ぶべし

他にも色々言いたいことはあります。

 

・入社後は丸刈り
・プライベートを完全に捨てて修業に専念するため、恋愛が発覚したら即刻クビ。

 

丸刈りなんか業務上必要でなければ強要することはできないはずでしょうし、不倫など社会通念上許されない恋愛で懲戒事由として妥当ならともかくタダの恋愛でクビは解雇権の濫用に他ならないでしょうし。

 

あーやっぱり社労士の試験受かるように勉強しよ。勉強して資格取って、徹底的にこういう企業の排除に尽力しよ。

関連記事

www.hannari-ikuji.com

www.hannari-ikuji.com

www.hannari-ikuji.com